阪急 芦屋川駅北側徒歩1分 閑静な住宅街にあるカイロプラクティック併設の芦屋鍼灸院です

FrontPage

ようこそ芦屋鍼灸院へ !


季節の健康
十分な睡眠と栄養で!
夏バテをすみやかに回復!
 秋になってもまだ夏の疲れが残っていて、体調のすぐれない人もきっと多いはず。スポーツなどで体力づくりに励むのは、この疲れをとってから。そのためには、まず十分な休養と栄養をとりましょう。ムリをせず疲れたらよく眠ることと、タンパク質やビタミンの多い食事をとることです。といっても、胃腸の働きがまだ完全に回復していませんから、食欲があるにまかせた暴飲暴食は禁物。特に子供は要注意です。
 最近、肩こり・頭痛の問い合わせが大変多くなっています。表皮と鼻粘膜の乾燥のため、鼻炎で悩んでおられる方を見受けられます。また、pm2.5とかpm0.5など迷惑な汚染物質が大陸より沢山飛来しています。対策と致しましては、空気清浄器を活用し、外出時には、マスク着用はどうでしょう。お家に有るものを活用すればいいと思います。 血圧・血糖値も乱高下する時期ですので、お身体のバランス調整とどこででも手に入る食品でGI値を下げて体調管理をしましょう。最近は頭痛、不眠、肩こり、腰痛、ぎっくり腰、ひざ痛、ねんざのほか『よく寝たのに身体がだるい、スッキリしない』との身体の不調を訴えるかたが多くなりました。特に腰痛、ぎっくり腰、ひざ痛、生活習慣病でお困りの方の問い合わせが増えています。体力が衰えやすい時期ですので、なるべくお早めに身体の調整をお勧めします。

芦屋健康通信について 


芦屋健康通信Vol.114 平成29年(大正106年、昭和92年)9月15日版は、待合室にて閲覧お持ち帰り出来ます。

健康十訓
・少肉多采 
 お肉ほどほど野菜たっぷり 健康もりもり
・少塩多酢
 塩分撮りすぎは高血圧のもと 酢は健康のもと 
・少糖多果 
 甘いものは果物から 砂糖は肥満への片道切符
・少食多噛
 腹八分目よく噛みゃ 幸せも噛みしめられる
・少衣多浴
 薄着で風呂好きの人は 健康を身につけている人
・少言多行
 べらべら喋っている間に行動を開始せよ 
・少欲多施
 自分の欲望のために走らず 他人のために走れ 
・少憂多眠
 くよくよしたって同じ とっとと寝てしまおう
・少車多歩
 自動車は確かに早い でも歩けば健康への近道 
・少憤多笑
 怒ったときでも ニコニコしていれば忘れてしまう

【ばね指について】
突然指が屈曲したまま伸びなくなってしまい驚いたことはないでしょうか?それは、ばね指(弾発指)と言う腱鞘炎の一つかもしれません。ばね指とは、MP関節掌側部位でA1 pulleyの近位部腱鞘に肥厚・狭小化と屈筋腱そのものの肥大・硬化が生じ指屈伸運動時に弾発現象が発生する疾患です。つまり簡単に言うと、MP関節掌側で腱が通る腱鞘というトンネル部分に炎症がおき肥厚し、屈伸運動のたびに腱がひっかかり、ロックもしくはばね現象が起きてしまう症状のことをいいます。

ばね現象が曖昧な初期の場合に、IP関節(母指)やPIP関節(示指から小指)のカクカクした感じや痛み、朝のこわばる感じといったように、他の疾患を疑わせるような症状を訴えます。他の疾患と鑑別するためには、A1 pullyの肥厚・圧痛はもちろんのこと、指屈伸動作時、腱滑動に伴うクリック雑音を触知することが大切です。性差年齢別にみてみると中高年齢層の女性に多く、また、産後の女性に多いと言われていますが原因や因果関係は不明な点が多いです。好発部位としては母指・中指・環指の順で示指・小指例は比較的少ないのです。

一般的な治療法は靭帯の肥厚が強く、極めて強いばね現象があるかもしくは、腱が絞扼され日常生活に不便を生じる場合は外科的治療が適応となります。ですが、基本は保存療法で様子を見ます。日常生活の注意として、痛みが強い場合は、痛みの出る動作を控え安静にし薬物治療と平行して様子をみます。また経過が長期になると関節自体の拘縮も続発してしまうので、予防として反対の手を使って他動的に手指を緩除に屈伸したり局所のマッサージを併用させることも有用です。

   
 


院内の様子

気になる腰痛

この時期に体力が衰えると、咳やクシャミをするぐらいで腰痛、ぎっくり腰を引き起こすことがよくあります。このような腰痛・ぎっくり腰のほか色々なタイプの腰痛があります。
例えば…

柔らかい椅子に座ると、だんだん腰が辛くなって、腰痛、ぎっくり腰がでる。

朝起きたときだけ腰痛、ぎっくり腰が出て、しばらくすると痛みが和らぐ。

イスに座るより、立っている方が腰痛、ぎっくり腰が出にくい。

立ったり、座ったりする時だけ腰痛、ぎっくり腰がでる。

腰、お尻、太ももにかけて痛みが広がる。

ひざ痛と腰痛、ぎっくり腰のため階段を降りるのがつらい。

産後の肥満と便秘が原因の腰痛

上記の様なギックリ腰、腰痛症状があれば、お早めに身体の調整をしましょう。


MTSカイロプラクティック芦屋鍼灸院
〒659-0083
兵庫県芦屋市西山町12-3
TEL:0797-38-4114


a:345540 t:221 y:222

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional